墓石

霊園決定後の費用と永代供養塔の比較

御霊前

霊園が決定し、その場所に墓を建てる権利として、永代使用権を購入します。安いところで50万、高いところで100万となっています。
また、その霊園を利用せず別の霊園で墓を建てる場合、支払った永代使用権の費用は返却されず、また売買できず、権利を放棄するだけとなります。
その後、霊園には管理料を支払います。大抵が年払いが主流ですが、中には3年分、5年分とまとめて払う場合もあり、値上がりすることもあります。
値上がりしたからその霊園をやめて別の霊園に引っ越せたら良いですが、現実的ではありません。管理料の値上がりのリスクも、考えておかなければならない一つの問題といえると思われます。
先に述べた費用問題を解決するものとして永代供養塔があります。管理費がかかりませんし、最初に永代供養使用料を支払って終わりです。これは少子化の影響で、お墓参りをしてくれる人がいないという方のニーズにこたえる形で、最近脚光を浴びている新しいスタイルです。ただ他の方と一緒のお墓に埋葬される、合祀が主流となっているため、誰だか知らない人と一緒の墓に入るのは嫌だという方はやめておいた方がいいでしょう。
ですが、費用は格段に安く抑えられます。最安で3万円からとなっていますので費用対効果重視の方なら最善の選択肢と言えるのではないでしょうか。

霊園選びは今後何年利用するのかをまず考慮しましょう

生まれたエリアで一生を過ごし、亡くなるといったパターンは年々減ってきました。核家族化も進み、結婚した配偶者も昔とは違い、同じ県や市町村出身者とは限りません。霊園を探すポイントとして重要なのは、誰が納骨され、誰の代まで使用するのかということです。お寺の墓地とは違い、霊園は檀家制度といった縛りが少ないことが多いため、今後どう使用するのかが問題となります。子供がいても、同じエリアに住み続けるとは限りませんし、そのお墓を100年後まで使用する家も少なくなるものと思われます。霊園にもいろいろなタイプがありますが、公が管理する県民・市民墓地は費用も安く、管理人も自治体で行うので、衛生面も保たれることが多いです。お寺の墓地だと、お寺の住職に後継者がいない場合もあるため注意が必要です。公立墓地ならば、お彼岸やお盆の時に臨時バスがあるなど、交通の便もあります。なるべく、駅の近くか、公共交通機関がある場所を選んだほうがいいでしょう。納骨された後に子供や孫がお墓参りをするときに自家用車以外では行きづらいエリアにしてしまうと、お墓から足が遠のきます。後継者や管理人、場所、設置までの金額を考えて購入を検討しましょう。

自分の理想のお墓を探したい!霊園の選び方について

最近ではまだ健在なうちから自分のお墓を選ぶという方が増えてきました。メディアでは終活という言葉も多様され、自分の理想的な最後を迎えるために元気な時にいろいろな活動を行いたいと考えている人も多いことでしょう。日本では亡くなったらお墓に入りますが、この霊園選びにも近年変化が生じています。自分の好みや理想に合わせたオリジナルデザインのお墓を希望される方が増えているのです。もし個性豊かなオリジナルデザインのお墓を購入したいとお考えなら、そういったデザインを引き受けている業者や霊園販売を行っている業者に依頼しましょう。生前から、自分の理想的なお墓について綿密に打ち合わせをすることができるのでおすすめです。どの霊園販売業者も初回の相談や見積もり依頼は無料となっていますので、少しでも気になるところがあれば、まずは気軽に相談してみましょう。最近では建材なうちからのお墓選びに加えて生前葬なども話題になっています。自分にとって理想的な終わり方を迎えるために、専門業者にさまざまな想いを話してみるのも良いことかもしれません。自分のお墓選びや霊園選びに不安があるなら、まずはお近くの専門業者に気軽に相談してみてください。

headline

menu